漆は、不思議ですし分かりずらいことも多いです。
高価な印象もあり、扱いもどうしたら良いのか...そんな印象があると思います。

私もそう思っていますし、なかなか手が出ないもの...
ですが陶磁器にはかえがたい木のぬくもりがあり、魅力があることも確かです。
実家にねむっているものだったり、骨董市などの古いものは安価で良いものがたくさん出回っているので、その辺から漆器をとりいれていくのもいいかも、、、
陶磁器よりも強いとききますので、試しに使ってみては!

そんなわけで私もまだ知らないことの多い漆。木曽では、お椀などを仕入れたいと思うものの、塗り師さんたちに話を伺うだけにとどまりました。
そんな中、木曽檜を使った箸が目にとまります。
各工房で様々な種類の箸をつくっているわけですが、シンプルで使いやすくそれでいてそれほど高くないものは、以外と大きな物流にはのらないもの...
こういった箸は以外と見かけないなあ、、、と思いました。(ブログより)
[ 並び順を変更 ] - 新着順 - 価格順
全 [5] 商品中 [1-5] 商品を表示しています


全 [5] 商品中 [1-5] 商品を表示しています
blog
おしらせ
焼きものや窯元さんの話しなど








Top