花器

販売価格 2,700円
購入数

9~10cm × 10~11cm(高さ)

焼きしめの小さな花器です。
宮城さんにお聞きしたところ、うつわづくりなどで使われるのと同じ土だそう。
沖縄の陶器は、もともと瓦づくりにも使われた赤土と呼ばれる地元の土を使っていました。
けっしてうつわづくりに適した扱いやすい土ではなかったとよく記載がありますが、読谷や他の土はどうなのでしょうね。

いずれにしても釉薬をかけず土そのままの色は、沖縄の土の色なのかな〜と思います。
窯の中で灰がかかったりして、風や火の通り道で仕上がりが違うのも楽しいところ。
細い線掻きの模様があります。

泡盛をいれて徳利に使うのにもよさそうかなと思いましたが、口の形からかなり廻ってしまいます。

blog
おしらせ
産地や作り手の話しなど










Top