おしし

販売価格 250円
購入数

頭と身体の2ヶ入り
各7cm
二つを組み合わせますと 25cmになります。



新潟の海沿いの町、出雲崎で大正8年より続く紙風船屋さんです。
こちらは材料にこだわっていらっしゃって、紙からのりまで国産のものを使っていきたい、とのことでした。
ひとつひとつを手作業でのりづけされております。
以前地域には何軒か紙風船屋さんがあったそうなのですが、、、今はこちらだけのようです。
紙風船の枠を超えた?斬新的なアイディアで、いつまでも続いていって欲しいです。
なごむものばかりです。
楊枝にひもをつけてつるすと、飾っておけますよ。

blog
おしらせ
産地や作り手の話しなど








Top