リンゴつぼけ大

販売価格 5,100円
約28~31cm(上部)  約25~30cm(底) 約35~36cm(高さ)   

スズ竹をつかった岩手県鳥越のつぼけと呼ばれるかごです。
縦長の入れ物を、つぼけというようです。

地元でもまだまだ活躍しているつぼけ。
大きなつぼけは、背負いでりんごの収穫にも使えるようひもが付けられるようになっています。
小さなつぼけは、さくらんぼ農家さんが収穫する際に腰につけておけます。

スズ竹細工は、やわらかさと弾力があり使いやすいです。
底は長方形で、フチの部分のかがりには、タイの籐が使われているそうです。
スズ竹細工には、節や黒ずみのあるところがございます。
多少ささくれなどあり繊細な布や引っかかるとまずいものは好ましくありませんが、厚手の布やスリッパなどを入れたり、上部が重いと倒れてしまいますがポスターをいれたりするのもいいかもしれません。
ひもがつけられるので壁掛けにしても。

大小で写っている写真は、大と小です。


blog
おしらせ
産地や作り手の話しなど








Top